SAKURA THE FAMILY
サクラザファミリーとは
桜座一家

作品一覧 代表作品の紹介


語り劇団・桜座一家は、今日でも輝きを失わない古典や童話を多人数の語りによる、お芝居的語りを得意としています。作品には、今では
あまり聞かれない説経節「しんとく丸」「山椒大夫」や「つる女房」「フランダースの犬」のような名作童話を新しく「講釈」しなおし、歌や踊りを交えて生き生きと表現することを目指しています。また最近ではお寺の行事とコラボし、現代に起こる様々な問題を面白く創作した今を語る講釈「今釈」も増えてきました。是非古典の確かな構成と
オリジナリティー豊かな作品に触れてみてください。

説経節「しんとく丸」

能や人形浄瑠璃などでよく取り上がられる有名なお話。長者の家に生まれたしんとく丸が継母の呪いで、哀れな姿に変わり果てるが、乙姫の愛によって元にもどるという慈悲のお話。

経節「山椒大夫」

人買いに逢い、母と別れた安寿と厨子王の物語。安寿の犠牲で生き延びた厨子王が出世し、姉を救い
出そうとするが、時すでに遅し・・・。

講釈「フランダースの犬」

ご存知パトラッシュとネロのお話です。あの感動の世界名作童話を講談調にお聞かせします。ラストはハッピーエンドにアレンジしたあります。

講釈「つる女房」

つるの恩返しの大人バージョン。語りのみの構成と乙女文楽と女優との
コラボ構成の二つがある。

講釈「不揃いの隊員たち」~森浩一物語~

古代に魅せられ、戦中、戦後と古墳や遺跡を
守った一人の考古学者のお話。堺の世界遺産推
進室の協力で作られた作品。

講釈「天王寺蕪一代記」

「なにわの伝統野菜」として復活した天王寺蕪。しかしその蕪も明治の終わりに絶滅。しかしある人物がその復活にチャレンジする。中国、四天王寺、長野、大阪、と繰り広げられる壮大なお話。

落語講釈「18枚」

落語のお話をアレンジした作品。

落語講釈「地獄八景亡者の皿」

落語の「皿屋敷」と「地獄八景亡者戯」との合体講釈話。

くじらに乗ったお月さま

人形劇「くじらに乗ったお月さま」

幼児、ファミリー向けの人形劇。お月さまは太陽のようにぴかぴかしていないのは、クジラさんに会いに行きたかったため。ファンタジックなオリジナルミュージカル。

あめあめふれふれ

人形劇「あめあめふれふれ」

それと雨のやませ方をしらないアマガエルの話。人形はすべて扇子というちょっと変わった人形劇